トップへ

2019.01.07 《2019年、幕開けの一週間》


☆謹賀新年☆ 今年もよろしくお願いします。

昨年の春からブログが滞り気味でございますが、何卒ご容赦のほどを。

今しばらく、情報を中心に纏めて記すパターンが続くと思います。

0107①
ところで私、昨年末に満60歳となり、今年は「還暦&噺家生活40周年記念」の独演会で全国各地を回ります。正月4日の大阪・サンケイホールブリーゼに始まり、7月7日の京都・南座で結ぶ30公演! 詳しくは米朝事務所のホームページをご覧下さい☆

さて、お蔭さまで、年明けの一週間は華やかに高座を勤めることができました。沢山のご来場、心より感謝申し上げます。

【31日(月)~1日(火)】
▼「ジルヴェスター・コンサート」
0107②
滋賀県大津市、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールにて
22時開演

沼尻竜典さん指揮、大阪交響楽団の演奏により、盛大に繰り広げられました。第1部は、戸田弥生さんを招いてのブルッフのヴァイオリン協奏曲。第2部は、びわ湖ホール声楽アンサンブルとジルヴェスタ合唱団も加わり、プッチーニの歌劇『蝶々夫人』を “おぺらくご” 風に披露。ジルヴェスタ・ファンファーレ隊も加わってのカウントダウンで楽しく年を越しました。

0107③
翌朝、快晴の琵琶湖に別れを告げて、神戸へと移動。そこから怒涛の如くの新春公演が展開!

【1日(火・祝)】
▼「喜楽館  新春特別公演」
0107④
神戸・新開地、喜楽館にて
15時開演の部。

笑福亭松五、桂三ノ助、桂団朝、豊来家板里(太神楽)、露の都、〈中入〉桂吉弥、笑福亭円笑、桂米團治。

0107⑤
三味線の寺西美紀ちゃんは清酒「福寿」にご満悦。三ノ助くん、お世話係ありがとう!

【2日(水)】
▼「動楽亭昼席」
0107⑥
大阪・西成、動楽亭にて

桂りょうば、桂二乗、桂米團治、桂出丸、〈中入〉  喜味家たまご、桂千朝。

▼「米朝一門会」
0107⑦
大阪・梅田、サンケイホールブリーゼにて
14時開演

「新春のご挨拶」 ざこば&南光&文之助&米二&吉弥&ひろば&優々 (進行役=米團治)
『田楽喰い』 優々
『真田小僧』 ひろば
『試し酒』 吉弥
『佐野山』 南光
    〈中入〉
『ふぐ鍋』 米二
『天狗裁き』 文之助

▼「天満天神繁昌亭 正月特別公演」
0107⑧
18時開演の部
桂雀太、笑福亭生喬、桂春雨、ラッキー舞、桂ざこば、〈中入〉「新春の口上」ざこば&米團治&文都&春雨、月亭文都、桂米團治。

【3日(木)】
▼「米朝一門会」
0107⑨
大阪・梅田、サンケイホールブリーゼにて

「新春のご挨拶」ざこば&南光&雀三郎&千朝&南天&佐ん吉&慶治朗 (進行役=米團治)
『みかん屋』 慶治朗
『桃太郎』 佐ん吉
『動物園』 南天
『上燗屋』 ざこば
   〈中入〉
『鴻池の犬』 千朝
『二番煎じ』 雀三郎

【4日(金)】
▼ 還暦&噺家生活40年記念「桂米團治独演会」
0107⑩
大阪・梅田、サンケイホールブリーゼにて
14時開演

「口上」 米團治
『天災』 米輝
『稽古屋』 米團治
『EBI』 仁智
   〈中入〉
「スライドショー “米團治を語る” 」 米紫&吉の丞
『高津の富』 米團治

【5日(土)】
▼ 特撰東西落語名人会「三遊亭円楽 桂米團治 二人会」
0107⑪
三重県津市、三重県総合文化センター、文化会館中ホールにて
14時開演

『狸札』 楽大
『七段目』 米團治
『寄合酒』 円楽

円楽お兄さまの『寄合酒』、「そうか、その手があったか」という斬新な演出で、とても面白く聴かせていただきました。

【6日(日)】
▼ 新春恒例「桂米朝一門会」
0107⑫
滋賀県近江八幡市、近江八幡市文化会館大ホールにて

『みかん屋』 慶治朗
『転失気』 雀五郎
『七段目』 吉弥
『笠碁』 ざこば
   〈中入〉
『義眼』 南光
『稽古屋』 米團治

いずれの会も大勢のお客様で賑わいました。心より御礼申し上げます。

「還暦&噺家生活40周年記念」の独演会は7月まで続きます。どうぞ私の高座姿を見てやって下さいませ☆