トップへ

2017.10.19 《10月中旬の落語会》


今年は10月に入ってから雨がよく降りますね。殊に先週から今週にかけては鬱陶しい空模様が続いていますが、心は晴れやかに連日高座を勤めております(^^)/

14日(土)は「桂米團治 月亭方正 二人会」が地元・吹田で行われました。

今年は吹田メイシアターが耐震工事のため使えず、代わりに阪急・南千里駅前に出来た吹田千里市民センターのホールで吹田市民劇場「らくご満載月刊」と題した三回シリーズの落語会が開かれているのですが、今回は第2回。東京から大阪に拠点を移した方正くんとの初めての 二人会が実現した次第☆

1019①

山崎方正から月亭方正に改名し、落語に精進している彼は、立川志の輔さん直伝の『井戸の茶碗』を熱演☆ トークの時の柔和な彼とは全く別の人物がそこに現れました。

「トーク」 米團治 & 方正
『動物園』 優々
『井戸の茶碗』 方正
   〈中入〉
『猫の忠信』 米團治

沢山のご来場、心より感謝申し上げます。

1019②

ちなみに、次回は11月11日に開かれる「桂米團治一門会」。こちらもよろしゅうおたの申します。

終演後、方正くんは別の仕事に行ったのですが、たまたま円楽さんから連絡が入り、「今、岐阜で三平と落語会が済んで大阪に向かうところ。明日は姫路なんだけど、今夜は大阪泊まりにするので、ちょっと飲みませんか?」とのお誘い。「もちろん喜んで! いつもご馳走になっているので、今日は私が大阪の夜を案内します」と意気込み、お店をリサーチ。ところが、土曜日だからなかなか空きが無い。でも、三味線の浅野美希さんから「天六の美味しい焼き肉屋さんが取れました」との知らせ。

1019③

なにわ黒牛にこだわる「ろうす亭」で楽しいひとときを過ごした後、春野恵子さんや私の娘も加わり、バー「NAGI」にて遅くまで芸談&上品な猥談で盛り上がりました(*’▽’*)/

さて──。

17日(火)は毎年恒例の岡山での朝日上方落語「桂米朝一門会」に出演。

1019④

会場となった岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム)には大勢のお客様がお越し下さり、大盛り上がり(^o^)/

17日(火)
『つる』 團治郎
『ふぐ鍋』 吉弥
『動物園』 南天
『崇徳院』 雀三郎
   〈中入〉
『稽古屋』 米團治
『花筏』 南光

1019⑤
スタッフの皆様、岡山名産のお土産を沢山下さり、まことにありがとうございました。

ところで──。

今月の動楽亭昼席への出番は私、中旬に集中。

1019⑥

一門の枠を越えての交流は一味も二味も変わり、面白いものです。今回も私、結構好き勝手を喋らせていただきました(^◇^;)

13日(金)14時開演
『道具屋』 米輝
『転失気』 雀五郎
『野ざらし』 わかば
『木津の勘助』 伯枝
   〈中入〉
『ちしゃ医者』 仁昇
『稽古屋』 米團治

19日(木)14時開演
『看板の一』 小鯛
『手水廻し』 佐ん吉
『四人ぐせ』 文三
『大阪人は誰だ!』 福車
   〈中入〉
『平の蔭』 純瓶
『七段目』 米團治

ご来場、心より感謝申し上げます☆

そうそう──。

1019⑦

私のプロデュースによる毎月朔日開催のトリイ寄席。

来月1日(木)は「復活! ラクゴレンジャー」と題してお届けする特別企画☆

1019⑧

桂文鹿・桂吉弥・桂米紫・桂三金・桂かい枝。門下は違えど、1994(平成6)年入門の同期による落語会に乞う、ご期待!