トップへ

 

  生年月日 昭和33年12月20日 
  出身地 大阪府大阪市
関西学院大学文学部卒業
 
  芸 歴 昭和53年8月/父である桂米朝に入門 芸名:桂小米朝
10月/京都金比羅会館[桂米朝落語研究会]にて初舞台
平成4年/大阪府民劇場奨励賞 受賞
平成17年/兵庫県芸術奨励賞 受賞
平成20年10月/五代目 桂米團治を襲名
平成21年/ベストファーザー賞 in 関西 文化部門 受賞
 
  C D/DVD 「THE米團治」「THE小米朝」 
  C D [桂小米朝 落語の世界]第1~5集  [THE 小米朝] 
  DVD [小米朝十番勝負]  [桂米團治とお座敷あそび] 
  出演番組 ■過去の出演
NHK 連続テレビ小説 [てるてる家族]
NHK教育[ドイツ語会話]
東宝映画[細雪][おはん]など
 
  舞 台 平成5年8月/名鉄ホール「浪花・花もめん」
平成5年11月/アルカイックホール・オクト「おぺらくご・背広屋の利発な結婚」
平成6年11月/近鉄劇場「ザ・近松」
平成20年3月/松竹座「紫式部ものがたり」
平成23年6月/神奈川芸術劇場ミュージカル「太平洋序曲」 他多数
 
  趣 味 ピアノ演奏.絵画製作.神社巡り.モーツァルト・国際経済・古代史の研究. 
  スポーツ サッカー.陸上競技(過去の栄光!?) 
  こんな人 落語家でありながら、ミュージカルやクラシック音楽に凝っていて、特にモーツァルト熱は重症で、自分をモーツァルトの生まれ変わりだと信じています。各地でオーケストラと競演し、オペラと上方落語の合体[おぺらくご]という新分野も確立しました。幅広い趣味を謳歌しつつも、古典落語に対しては純粋な心で向き合っています。[王道を見失わずに歩む]のが信条。上方の華やぎを大切に落語のさらなる繁栄を願って、今日も落語に邁進します。